診察の事前申込をご希望される方はこちら

緑内障について

緑内障って、どんな治療をするの? >

緑内障の症状と頻度

緑内障の大半は全く自覚症状がないままに進行するため、発見が遅れると障害が残ってしまうのが恐ろしいところです。未だに原因は不明で、健診などで発見される場合が大半を占めます。

最近の調査では、40歳以上の成人の5%以上が緑内障に罹患しており、しかも多くの方が発見されずに未治療でいることが判明しています。

緑内障で失われた視野は元に戻すことができませんが、眼圧を下げることでそれ以上の進行を防ぐことができます。

房水(ぼうすい)と眼圧(がんあつ)について

私たちの眼の中には、房水(ぼうすい)と呼ばれる液体が循環しています。

房水は角膜と水晶体に栄養を与えています。
房水は、毛様体で作られて、虹彩の後ろ側「後房」から虹彩の前側「前房」に入ります。
そして、隅角(ぐうかく)にある線維柱帯(せんいちゅうたい)を通り抜けてシュレム管に流れこみ、眼の外の血管に流れ出ていきます。

房水(ぼうすい)と眼圧(がんあつ)について:イラスト図

眼の中の圧力は、房水によって保たれています。
この圧力を眼圧といいます(正常の眼圧は10 ~ 20 mmHg)。

眼圧と緑内障

眼の奥には、外から入った光を受け取る神経があります。

緑内障は、この神経「視神経」が障害を受けて徐々に見える範囲「視野」が狭くなっていく病気です。
視神経に障害がおきる原因として、眼圧が関係しています。
眼圧が高い緑内障もありますが、正常範囲内にありながら視神経が障害される緑内障「正常眼圧緑内障(せいじょうがんあつりょくないしょう)」もあります。

眼圧には個人差があり、その方の視神経に対して眼圧が高いと視神経に障害がでます。

緑内障って、どんな治療をするの? >

オンライン予約を取る

眼科の疾患についてメニュー